住宅のメンテナンスで失敗を避けるためにやるべきこと

スイッチの交換

洋風のリビング

昔の住宅のスイッチは左右にカチッとするものが多く操作する場所が小さいものが主流でした。現在ではプレート全体がスイッチとなっているものが主流となっているのです。こういった商品を新しいものにする場合にはしっかりとした知識があればセルフリフォームでスイッチ交換が可能な場合もあります。とはいえスイッチでも電気配線には違いないので安易に交換を行うべきではありません。本来スイッチのちょっとした交換でもきちんとした資格が必要な作業なのです。職人さんの作業を見ていると作業自体は簡単なように見えるので素人でもできそうな気になってしまいます。しかし少し作業を間違えたりミスをするとショートする危険もあるのです。きちんと接合されていなければスイッチ操作が反応しないだけでなく場合によっては使用中にトラブルが発生してしまうのです。

住宅建築の際に電気配線を行っている電気業者ではもちろんスイッチ交換は可能です。こういった業者だけでなくスイッチ交換を専門に扱っている業者も多数あります。スイッチ交換はちょっとしたリフォーム以外にもスイッチを操作しても照明が変化しないなどのトラブルで早急な対応が必要な場合もあります。スイッチ交換を専門に扱っている会社の中には24時間年中無休で対応してくれる業者もあるのです。 最近ではホームセンターなどでちょっとした電気関係の細かな部品が販売されていることも少なくありません。むしろほとんどのホームセンターで何かしらの電気工事関係の部品が売られています。こうした部品を買うことは誰でも可能です。しかしちょっとしたスイッチ交換でも無資格で行ってはならないのです。漏電や感電の危険があるためです。工事後しばらくしてから壁の中で火災が発生するなど非常に大きなリスクがあります。 ですから身近の知識を持った専門業者に依頼することが大切です。